【トリニティジルオールゼロ】TRINITY Zill O’ll Zeroプレイログ#002

【トリニティジルオールゼロ】TRINITY Zill O’ll Zeroプレイログ#002

ダグザ加入

リベルダム

冒険者ギルドへ行くと既に冒険者登録は終わっていたのでさっそくクエストを受けて外の世界へ。受注する種類のクエストによって成果が見られたり、ダンジョン毎に何の依頼で立ち寄ったかが確認出来て面白い。どんんどんクエストをこなしていこう。

モンスターとはシンボルエンカウント方式となっているのでがんがんアタックを仕掛けていく。シンボルエンカウントと言えど囲まれてしまうので逃げる事はなかなか難しい。アクションが苦手なのでそれなりにしんどい。でも初めて倒した敵はデータに登録されていくのでコンプマニアにはたまらないので頑張って戦闘するぞ!

闘技場の宿舎ではドラドからいつか軍に入りたいという話を聞く。死亡フラグにならないと良いのだが…。ダルケニスやハーフエルフは忌み嫌われるこの世界で、ドラドは珍しく種族差別はしないし本当に良い奴だから幸せになって欲しいものだ。

慈水の森

冒険者ギルドに行くと、仲間に見捨てられ置いてけぼりにされた上に腹をすかした冒険者の話を聞く。冒険者にしては何とも間抜けな話ではないか!その冒険者は相当のドジっ子のように思えますが、ジルオールの世界では結構ドジっ子冒険者が多いのでありがちと言えばありがち。つまり慣れっこだったり。

ダンジョンでは水を凍らせたりといった魔法を駆使しながら進む。第1地区を抜けると罠に嵌った巨体の男と出会う。男の名はボルダン族のダグザ。今更ながら声優がキャラに合っていて良い!まさかこの時は本作が出て直ぐにダグザ役の郷里大輔さんの訃報を聞く事になるとは思ってもいなかった。

未達成だという依頼を一緒にこなして欲しいとダグザに頼まれ、ダグザがパーティに加入。一人仲間が増えただけでグッと戦闘が楽になって嬉しい!何より仲間が増えるとワクワクする。

第3地区で対象のマンティコアを倒す。ラッシュサインが出ている間に弱点をヒットさせると有利になる…と分かっているのに全く当てる事が出来ない!!アレウスは戦闘不能になるしダグザは瀕死になるしで、物理でのゴリ押し&バーストで何とか倒しましたがなかなか辛かったので、ボス戦の厳しさを実感して先行きが不安になった。

マンティコアを倒すとダグザから礼を言われ正式に仲間になろうと誘われた。もちろん断るつもりは無いし断る展開は用意されておらず、アレウスに念願のお友達が出来た。やったね!!

リベルダムに戻ったがダグザは中に入らないと言う。リベルダムに因縁があるらしいのだが何があったのだろうか。どちらにせよ前作から街の中では冒険者はつるまないというのがルールだった筈。だから大丈夫だよ!
初めてのスキル強化を行ったり闘技場で遊んだりと満喫した。

 

ケリュネイアとの出会い

ドワーフ王国

ダグザに言わるままドワーフ王国へ行く。リベルダム以外に行くのは初めてだからワクワクするな。

この世界は種族差別が根強い。人間は他種族を敬遠しているし、エルフはエルフ族こそが至高であると思い込んでいる。きっとドワーフ族とも犬猿の仲のままなのだろう。ハーフエルフやダルケニスは蔑みや恐怖の対象ですらある。皆ドラドを見習え!

飛び込みの依頼を済ませて報告を終えると、ハーフエルフである事を馬鹿にされる一人の女性と出会った。彼女の名はケリュネイア。前作でも登場した彼女だが、未来にあたる前作よりも老けているような気がするのは何故だ!髪型のせいか!でも気の強さはそのままで、エロ可愛いケリュネイアに会えて良かった!仲間になってくれたら良いのになー。

 

ステータス

ステータス

セーブポイント ドワーフ王国
プレイ時間 2:53:23
進行度
アレウス レベル6:アイスミスト・マジックアロー
ダグザ レベル6
ダグザ仲間入り

クエスト実績

討伐 0
護衛 0
救助 0
回収 0
採取 1
収集 0
撃破 0
合計 1

通り名

  • 話し好き

 

スポンサーリンク