【SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE】隻狼プレイログ#013

【SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE】隻狼プレイログ#013

金剛山 仙峯寺

仙峯寺~鐘鬼のお堂

久しぶりの仙峯寺の攻略を再開する。何か発見があるかもと一から探索をしていく。

少し歩いた所でムジナと再会した。忍び凧という凧揚げで対岸に渡りたいらしいのだがその方法が今の所不明だ。指笛かと思ったが注意を引くしか出来ないし、先に進まないと分からないか。

以前赤白い風車を手に入れた場所の真下の絶壁の崖が移動出来る事に気付く。探索は丁寧にやってたつもりだがやっぱりガバガバだったか。ジャンプからのぶら下がりを駆使して行くので凄く大変だった。しかも一部処理落ちをするポイントがあったのでそれはもう落ちまくった。頑張ってアイテムを取ったのに大した物じゃ無いってのも悲しい。崖を上がるとそこに真白い風車があった。小太郎!あったよ!!

向かいにはお堂があり中には猿酒や回転扉があった。嫌な予感がしたが先に進んでみたらやっぱりボス戦だったのでダッシュで逃げた。

逃げた先に鬼仏を発見。以前遭遇したボスが居て通られない渡り廊下の上部へと到着した。鬼仏の真横には鐘がある。注意書きがあったが無視をして鐘を撞くと、厄憑となり周囲の敵が強化された。その分恵みがあるみたいだ。実際の効果は良く分からない。また、鐘鬼を入手。この鐘鬼を使用すれは厄払出来るし鐘を撞けば何度でも厄憑となれるので、探索時やスキルポイント集めの時に憑けて行くと良いかもしれない。

小太郎に入手した真白い風車を渡す。小太郎は記憶を取り戻したようで、変若の御子たちのお世話係だった事を教えてくれた。御子たちとは一体。御子たちに会う為に神隠しをしてくれと頼まれたので承知すると言ってやってあげた。神隠しちょっと面白い。膝を抱えて必死に恐怖に耐える小太郎が本当に可愛い。今作のヒロインと言われたら納得ものだ。また会えると良いなぁ。でも穴山に紹介した方が良かった気がしないでもない。

鐘鬼のお堂から先に道は無いので、仕方無いので回転扉の先へ改めて行ってみた。ここのボスには瞬殺された訳だが、その先にまだ道があったので逃げつつ行ってみる。すると葦名城 城下と出て、赤鬼の居たエリアとのショトカが完成した。ついでに張り紙があったお堂の先にある崖のアイテムもやっと回収出来た。労力に見合わないアイテムでこれまた泣きそうだった。

 

捨て牢

身投げ場

井戸底の方のボスもスルー出来て、かつ他に道がある気がしたので再探索してみる。

前はボスエリアまで降りていたのだが、よくよく見るとボス戦が始まると霧が掛かる場所があった。井戸底から霧が掛かる方へ進むと道が拓けた。しかも鬼仏まであって凄く分かりやすいというのに。何でもっと早く気付けなかったんだろう。

そこにはあの陣左衛門が座っていた。声をかけると三味線の音色に益々惑わされ、正気を失いかけているように思える。自分を呼んでいると言うがこちらには何も聴こえない。三味線の正体が凄く気になるので暫くそのままで居てもらう事にした。

鳥居のある場所から落下する。拝みおばあちゃんはどこにでも出没するな!そのまま落下すると普通に死ぬので、落下途中に鉤縄で移動する。穴を降りれば葦名の底へと到着した。

 

葦名の底

葦名の底~毒だまり

落ち谷と同じ敵の構成なので精神的に楽だ。しかしこんな優しい毒沼なんてフロムの毒沼じゃない!と思ってしまう自分が居る。中ボス戦に入ったがガン無視してまずはアイテム回収に勤しむ。鬼仏を発見後、ボス戦へ。

 

ボス:蛇の目 シラハギ(忍殺:2回)

落ち谷のシラフジ戦と全く一緒のシラハギ。しかしこちらの方が断然楽な気がする。

鬼仏を見出していたら1回目の忍殺は背後忍殺出来る。周囲の敵も処理がし易く、毒だまりで勝手に中毒状態にもなってくれる。攻撃の対処もシラフジと一緒で良いので直ぐに倒せた。

2回目の挑戦で勝利。倒すと数珠玉を入手。

 

その先では血で染まった巨大な足跡や大猿の背中を見つけて恐怖に慄きつつ、壁を登ったりしてアイテムを回収する。数珠玉・猿酒を入手。

ボス戦へのスパンが短くなって来た気がするな。

 

ボス:獅子猿(忍殺:2回)&つがいの獅子猿(忍殺:無し)

またお前か。

首が無い状態の獅子猿で、攻撃も落ち谷の時の何の変更も無いので戦術は以前と同様の方法を取った。

1回目の忍殺を終えるとつがいと思われる茶色の大猿を召喚する。2体の攻撃をかわしつつ少しずつ攻撃を与えていく。つがいの猿の方は爆竹が良く効くので、爆竹で態勢を崩した所をラッシュして獅子猿より先に倒す。

1対1になったら攻撃方法が追加されるかなと身構えたが特にそれも無く13回目の挑戦で勝利。倒すと戦いの記憶・首無し獅子猿・数珠玉×2を入手。

耐える一戦だった。

 

身体力・攻め力をアップ。五の念珠は蛇の目の彼女らの説明だった。

鬼仏を見出してから崖上へ進んでみると、三味線の音を追って陣左衛門がこんな所まで来ていた。忍びだから来れるのであって普通の侍の彼がどうやって来れたのか凄くツッコみたい。そして彼はダクソで言う所のジーク枠かもしれない。彼曰くとうとう一瞬だけ三味線の奏者に会えたそうだ。女性だったそうだが巴だったりして。まだ追い掛ける気満々だ。

鬼仏を発見。この先は霧深い隠し里らしい。益々敵が強くなりそうだな。

 

ステータス

プレイ時間 36:32:29
セーブポイント 葦名の底
成長度 身体力:15 / 攻め力:6
スキル 常在効果:幹の息吹・陽
強化義手忍具:長火花、錆び丸・表裏
死亡回数 死:16(回生:11)
総死亡回数 死:158(回生:100)

 

スポンサーリンク