【SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE】隻狼プレイログ#015

【SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE】隻狼プレイログ#015

水生村

奥入れの岩戸

岩戸の奥へと進む。絶対ボスエリアだと思ってビビリながら入ったらそこは綺麗で神聖な場所だった。祭壇からお宿り石と入手。不死断ちに必要な物がまた一つ揃った。

ボスは無く、ただこの石があるのみ。怪しい小屋に入って暫く待ってみても何も起こらず。

え、これで終わり?そんな馬鹿な!?

神主を斬りまくってもぽわんぽわんするだけで何も起こらず、水生村を救う手立ても京人の謎も分からぬまま。しかしこれ以上はどうしたら良いのか分からず、仕方がないので九郎に報告をしに戻った。

 

九郎に報告するも次にどうすれば良いのか本当に分からず、暫くウロウロした。切られたという桜の場所も分からず、思わず保存しておいた動画を観直した。香を完成する為に、どうあがいても不死斬りを求めて仙峯寺へ行かないといけないようだ。

 

金剛山 仙峯寺

修験道~境内

3度目の仙峯寺へ。

以前に赤白い風車を入手した場所で侍の亡霊が出るようになった。恐らく初回来訪時と、ある程度物語を進めた上で来訪した時とで難易度を変えているのかなと予想する。

初回来訪時に倒せなかったボスへ再挑戦する。

 

ボス:甲冑武者(忍殺:無し)

初回来訪時は体幹を削り切って忍殺までしたのにHPは減らないし怒られるしで散々な目にあった。仕込み槍を使っても鎧は傷一つ付かなかった。

再挑戦では身体力も攻め力もかなりアップしているのでどんどん忍殺を入れまくる。次第に建物の壁が壊れ、甲冑武者本人が落とすなよ!絶対落とすなよ!?をリアルにやってくれたお蔭で落下死させる事が出来た。柱とかで踏み止まるから何気に大変だった。断末魔は「ロバト」。爆竹のロバトの事か?

初回来訪時2回、再挑戦1回目の挑戦で勝利。倒すと数珠玉、スキル:幹の息吹・陰を入手。

 

ようやく先へ進めるようになった。鬼仏を発見し、境内の中をどんどん探索して行く。そしてどんどん敵の数も増えて大変になっていく。こちらにも死なない僧侶が居た。しかも明確に蟲が憑いてしまっている。強いし怖い。

池の中で永旅経・蟲賜わりの章と数珠玉を入手。

 

ボス:長手の百足 仙雲(忍殺:2回)

近くの雑魚が多くて面倒なので雑魚を減らしてからボスに挑む。

1回目の忍殺は天井から忍殺して消化する。

落ち谷のジラフと同じ長手の鉤爪ではあるが炎上する手裏剣攻撃をしてくる点が違う。しかしジラフ同様で攻撃を弾いていればあっさり忍殺が取れる。

1回目の挑戦で勝利。倒すと黄色煙硝、数珠玉を入手。

 

本堂

道なりに坂を登って行く。厄介な大鉈遣いが強くて涙目になる。本堂の中へ入り鬼仏を発見。中にはまたも蟲に憑かれた僧侶が大量に居る。近寄らなければ害は無いが聞こえてくる音が気持ち悪い。

にんにん。

 

本堂から洞窟内へ入る。敵は強くないし単純な道なので良いのだが何が出てくるは分からなくて不安だし、とにかく暗いので五色米を落としながら恐る恐る進む。途中の即身仏だらけの場所では唯一高僧っぽい紫色の袈裟を着た即身仏が気になった。

洞窟を抜けると五重塔があり、その中で仙峯寺拳法の伝書を入手。

 

本堂の巨大な仏像の前にある五鈷鈴を触ると久々のムービーが!唐突に別の場所へ移動した。幻廊は雰囲気としては葦名城っぽさがある。

眼の前には屏風があり、紫・赤・緑の着物を着た猿が描かれ、残る一つは何も描かれていない。幻廊の鈴を入手しボス戦へとなった。

ボス戦中ではあるが小太郎と再会する事が出来た。お礼に太郎柿をくれた。変若の御子たちと凄く幸せそうで、神隠ししてあげて良かったと心から思った。小太郎だけはずっと幸せに生きて欲しい。

 

ボス:見る猿、聞く猿、言う猿、   (忍殺:無し)

見ざる聞かざる言わざるの逆バージョンか。そして4匹目が居る、と。猿を屏風の中に封じなければいけないようだ。鈴を使うと状況がリセットされるらしい。

幻廊の僧からの情報と各お堂を回り貼り紙を読む事でどう猿に対処すれば良いのかを確認する。

  • 紫着物の猿:見る猿→奈落堂の上・灯り堂で斬る
  • 緑着物の猿:聞く猿→蠢き堂の滝・耳潰しの鐘で斬る
  • 橙着物の猿:言う猿→他2匹を掴まえた後に幻廊の鈴でリセット後、正面に居る所をこっそり近寄って斬る

そして、何の描かれていない屏風の通り、姿の見えない見え猿が黄色の足跡を残しながらうろついている。足跡を頼りに適当に刀を振って全員捕獲完了。

1回目の挑戦で勝利。倒すと戦いの記憶・屏風の猿たち、スキル:傀儡の術を入手。

屏風の絵が背中を向けたものに変わるのが面白い。隻狼随一の変わり種ボス戦でちょっと楽しかった。

 

奥の院

猿達を掴まえると声が響き、幻廊から奥の院へと招待された。奥の院には鬼仏と本堂へ続くショートカットがある。

院の中へ入り声の主と会う。その正体はあの猿達と友だちだと言う可愛らしい変若の御子。拝む老婆が言う貴い御方とはこの子の事か。

そうです、私がお米ちゃんです。

不死斬りを知る彼女に抜くと告げ、不死斬りを見せてもらう。回生の力を使い不死斬りを手中に収める狼。不死斬り、確かに…もらい受けた。恰好良い!!最高に恰好良い!!不死斬りの銘は「拝涙」。意味がありそうだ。

変若の御子は仙峯寺が作り上げた偽りの竜胤を持つ者だと言う。竜胤を憎み、今後は力を貸してくれると言ってくれた。お米も貰えるようになった。この時代のお米は命ほど大事だからな!また、仙峯寺の境内で入手した永旅経・蟲賜わりの章を渡した。

物語も中盤を過ぎた気がする。最後まで頑張るぞ!!

 

ステータス

プレイ時間 45:28:29
セーブポイント 金剛山 仙峯寺
成長度 身体力:16 / 攻め力:8
スキル 流派技:拝み連拳、奥義・不死斬り
常在効果:幹の息吹・陰
忍殺忍術:傀儡の術
死亡回数 死:0(回生:6)
総死亡回数 死:169(回生:114)
見る猿、聞く猿、言う猿、

 

スポンサーリンク