【MHW:I】モンスターハンターワールド:アイスボーンのベータテスト版プレイログ#001

【MHW:I】モンスターハンターワールド:アイスボーンのベータテスト版プレイログ#001

モンスターハンター:ワールド アイスボーンのベータテスト版について

開催期間

第1回ベータテスト実施期間

対象者:PlayStation®Plus加入者
2019年6月21日(金)19:00頃~2019年6月24日(月)18:59予定

第2回ベータテスト実施期間

対象者:PS4所持&PSNへの接続環境がある方
2019年6月28日(金)19:00頃~2019年7月1日(月)18:59予定

メインモンスター

  • 初級者向けクエスト:森の大食漢 ドスジャグラス(アンジャナフ・リオレウス / アプデによりランダムでナルガクルガ)
  • 中級者向けクエスト:猛牛竜バフバロの狩猟(ブラントドス)
  • 上級者向けクエスト:縦横無尽のティガレックス(バフバロ)

各クエストをクリアするとアイテムセットが本編(製品版)で貰う事が出来ます。

 

プレイログ

新しいフィールド、渡りの凍て地へ

新たに狩りに出る事となるフィールド、渡りの凍て地で遊ぶ事が出来ます。

やっぱり新フィールドは本当に楽しいものですね。クエストを受けてずっと探索していました。MHWだからこその雪や氷の景色が綺麗です。歩くとしっかり雪に跡が残るのが良いですね。なんかハートとか書いて遊んでいました。

マップの繋がりや採取ポイント、温泉なんかもじっくり見て回りました。まだまだ知らないようなポイントがいっぱいありそうです。βテスト版ではマップの奥は行けないので早く製品版で行ってみたいです。

戦闘中では雪の崖が崩れるという地形ギミックもありました。

環境生物も多くいるようで、極寒の地だからか皆モフモフしていて可愛い!!温泉に浸かったりしていて萌えました。捕まえるとサイズが出たので、アイスボーン以降では環境生物にもサイズが追加されるようです。環境生物にいよいよサイズトロフィーが…!?

翼竜での移動も可能でした。

武器の新モーション&クラッチクローについて

楽しみにしていた新モーション。新しい装いとなったトレーニングエリアで練習しました。

強いか否かは正直良く分かっていまいのですが、どの武器の新モーションも派手目になっていて使うのが楽しかったです。良さそうな連携を見つける楽しさもあります。

その反面武器毎に微妙に操作が違ったりするので、新モーションでの攻撃操作が馴染めず苦労しています。特にR3押し込みとかが苦手です。通常攻撃に組み込んで連携させようにも咄嗟に指が動きません。出したい時に出せずに棒立ちになってしまったりもしました。

クラッチクローもまだ使うタイミングが分かっていません。積極的に使ってはみましたがそれだとテンポが悪くなっているだけな気がするので考えたいです。逃走阻止として一番使いたいのですがなかなか上手くいきません。これも経験が必要ですね。

それにしても操作が一気に難しくなっちゃった気がします。アクションが苦手なので余計にそう思えます。色々やらなきゃ!と思うあまりパニクっちゃう事もしばしば。楽しむだけなら連携とか気にせず好きに使えばいいしそれでも勝てるので良いっちゃ良いんですが、でもやっぱり各武器使いこなしたいなぁと強く思います。全然使えない自分にガッカリしちゃいます。こればかりはやり込まないといけないので製品版で頑張りたいと思います。

上手くなりたーい!

防具&特殊装具について

見た目がなかなかオシャレな防具でした。特に女性装備は露出度がアップしているように思います。寒いのに。

EXという文字が付いている物はマスターランクの素材を使って防具を作成するのかもしれません。まだどういうシステムになるか分かりませんが、今までに作って来た防具も有効活用出来れば良いのですがどうでしょうか。どちらにせよ装備ボックスの格納数だけは絶対に増やして欲しいです。重ね着も当然色々と追加されるでしょうし製品版が楽しみです。

オトモ装備も可愛い!早く我がオトモに装備させたいです。お気に入りはEXブランネコウェア。

放置していると雪の上でも寝ちゃうオトモ。リアルな猫具合が可愛くてずっと見れます。

特殊装具にも装飾品スロットが着くようですし出来る事が凄く増えました。

しかし武器も防具もインフレしまくりですね!もちろんモンスターも強いのですが。

ビューモード搭載と新ジェスチャー&ポーズ追加について

チャット欄も大幅に変化しました。チャット欄の枠の拡大や発言者の表示方法等が変わっています。使用方法は変更が無いので戸惑う事はありませんでした。

新ジェスチャーも多数用意されていてどれも面白いものでした。歌舞伎でマップの端から端まで移動して遊んでいました。

またアイスボーンからポーズというものが追加されました。ギルドカードで使えていたものがプレイ中にも使えるようになったと言えば伝わり易いでしょうか。まだ2種類のポーズ(反転を含めると4種類)だけなのでこれも増えていくと良いですね。

ポーズが何故追加されたのかと言えばビューモードが搭載されたからでしょう。恐らく撮影用として用意されたモードで、パッドボタンを押すと画面内の表示等が排除されアイスボーンのロゴが入ります。SNSが当たり前の今の時代には嬉しいモードですね。周囲を見渡したりズームをして遠くを見る事も出来ます。今回掲載しているスクショの一部はビューモードにして撮影しました。

文字等が消えるのでより撮影に適した物にはなっているのですが、ビューモードにするのにちょっと手間である事や意外とカメラワークの融通が利かない気がして、個人的にはアップで写したい時以外は今まで通りPS4のスクショで済ませてしまいそうです。

モンスターライドについて

オトモが小型モンスターとオトモダチになっていると、小型モンスターを呼び出して目的地まで乗って移動する事が可能になりました。

便利な上に楽しい!可愛い!!意味も無く乗っています。降りてもついて来てくれるので、エサをあげたり撫で回す機能が欲しいです。

モンスターについて

一応メインモンスターと新規追加モンスターとなるブラントドスはソロで倒しました。

用意された装備の前ではマスターランクと言えどただのドスジャグラスでした。恐らくアンジャナフ・リオレウスもマスターランクっぽいです。閃光等の便利アイテムがどんどんハンターから取り上げられていく…そんな気持ちになりました。空を飛ぶモンスターが軒並み空にしか居ないという状況だけは嫌だなぁと思います。そんな時のクラッチクローなのかも?

ブラントドスは適当に殴っていたら倒せたので良く分かっていません。バフバロと縄張り争いをしてくれます。

相変わらずティガレックスは強いですね。正直ティガまでやらせてくれるとは思っていなかったのでビックリしました。昔雪山の2頭クエで泣きそうになった思い出が一気に蘇りました。マルチだと寝床等の狭い場所であろうとどこであろうと常に突進ばかりしているので振りが遅い武器種ではかなりしんどかったです。

バフバロはダメージが通り易いのでやっていて楽しかったです。狩猟笛で気持ち良くなれました。

まだまだ未登場のモンスターが居ると思うとワクワクします。

まとめ

楽しみにしているアイスボーン。ベータテストでは期待通りの仕上がりを見せてもらえて嬉しかったです。あまり詳しくはないのですが、モーション値等といった細かい部分でも結構変更があるみたいです。このベータテストでの意見を元に各武器種の更に細かい調整がされればより遊び易くなると思います。

なんだかんだで一番嬉しかったのは旋律効果ガイドを優先表示に設定出来るようになった事です!!

まだ週末は始まったばかり、第2回目のテストプレイもあるので遊んでいきたいと思います。遊ぶ内また何かあれば追記していこうと思います。

 

【MHW:IB】モンスターハンターワールド:アイスボーンのベータテスト版プレイログ#002

 

スポンサーリンク