【トリニティジルオールゼロ】TRINITY Zill O’ll Zeroプレイログ#007

【トリニティジルオールゼロ】TRINITY Zill O’ll Zeroプレイログ#007

2章の始まり

1章のあらすじを見る。これはGALLERYに保管されないのか。また見返したいのに残念だ。とか思ったら一番後ろに保存されていた。良かった。絵画調の演出が良い味だしている。

 

忘れられた森で傭兵となったアレウスを見送るレティシアとエリオット。やっぱり母子なのに恋人同士に見えちゃって仕方が無い。ハーフエルフの子を持つ母を心配したりするし、絶対アレウスはマザコンだ。その後に分かったが予想通りアレウスはドラドと袂を分かつ状況に苦悩していた。それでも打倒バロルは揺らがないらしい。ドラドと闘う日が来ない事を祈っている。

傭兵任務の招集はディンガル軍本部から冒険者ギルドを通して出されるらしい。それまでは自由に冒険が出来るというわけだ。新エリアのエンシャントを始め各地を覗いてみた。

リベルダムの闘技場で特別試合が用意されたと聞かされる。最近伸びてきている豪商のクロイス家が用意した試合らしい。闘技場の熱狂的なファンである娘のお膳立てだ。娘というのは前作で登場したクリュセイスの事だろう。あの最高ランクのツンデレさん、今作では出ないのかな。

特別試合へ挑む。いつもはセレーネが一緒に戦ってくれるのだが今回はアレウス一人だ。トロール・ドラゴングリフといった大型モンスターに加え、ゴブリン等のお馴染みモンスターと闘う。ノーダメージでもいけそうな程余裕だった。

闘技場で勝利後にアレウスのソウルに変化があった。ソウル『アークソード』を宿し、スキル『フレイムウェポン』を習得した。やっと2個めのソウルを入手!さっそく魔道士ギルドへ行きスキルの書を買い込む。戦闘に幅が増えて嬉しい。

傭兵任務を遂行する

新月の塔

そうこうしている内に冒険者ギルドにディンガル軍より手紙が届いたのでエンシャントへ向かう。ディンガル軍本部で任務に就く。ここで新たなコスチュームを入手して自動で着てくれる。なかなか恰好良い。

傭兵任務ではギミックを動かして先へ進む。新月の塔のギミックは赤色のキューブには炎を、青色のキューブには氷を、黄色のキューブには雷の攻撃を当てれば動く。仕掛けは難しくないのでさくさく進む。4階でアネモシルクス戦へ。前作でも苦手だったアネモシルクス。基本的に空を飛んでいるのでこちらもジャンプ攻撃等を駆使して戦う。しかも何が面倒ってこちらが空を飛べない事を良い事にマップの下へ下りてしまってなかなか戻って来てくれない事だ。そして一番の敵は細い足場。落下しまくるしまくる。攻撃が出来ないじゃないか!!弱点であるセレーネの影縫いを乱発して勝利。

 

任務を終えたアレウス達の前に妖しい人物が現れた。一見すると幼い子供のように思える。前作での黒幕であるシャリを彷彿とさせる雰囲気を纏ったその人物は、北の大地で眠りに就いていたのだがディンガル軍の侵攻によりその眠りを妨げられいたくご立腹のようだ。彼は警告だけして去って行った。データのストーリーによると彼は騎士らしいのだが…。怖いなぁ。

 

ディンガル軍本部に報告をし、再びクエストをこなしながらディンガル軍からの手紙を待とう思ったら、一つもクエストをこなす事無く直ぐに手紙が届いた。もう行っちゃおう。そうしよう。

エリオットに会うと傭兵任務が順調なアレウスに複雑な感情を抱いているようだった。アレウスが活躍すればする程ディンガル軍が勢力を拡大してしまうから気持ちがついていかないと言う。アレウスと同じくらい復讐心が強いエリオットが意外だった。そして熱い奴だ。

ロストールの酒場へ行くとシーラの身勝手さに怒るツェラシェルとそれをなだめるゼネテスに会った。いつ空中分解してもおかしくないパーティだな。

古の樹海

次の傭兵任務は古の樹海だ。カメレオンの名を冠するモンスターが出現する。その名の通り透明な姿で近付いて来て攻撃をする厄介な敵だ。弱点を突くと同時に範囲攻撃を狙って道中はひたすらダグザでアースシェイカーを撃ちまくって進んだ。遠方から矢を撃ってくる奴らはアレウスのファイアボールで足場を壊せば一掃出来る。

ボス戦はドラゴングリフ。何度と戦って来たので問題無く倒せた。こちらも敵はぽっかり空いた大きな穴だ。またもや落下落下である。

 

任務を終えたアレウス達の前にまたあの妖しい人物が現れた。この任務には真の目的があると言う。そこまで言っておきながら知る必要は無いと一蹴されてしまった。なら今は知らなくていいと言い切るセレーネの潔さが恰好良い。いい加減アレウスはセレーネを信用しても良いと思う。

 

再び直ぐにディンガル軍からの手紙が届いたが、ついでに受けたクエストなんかを先にこなしてから向かう事にした。印象的だったクエストは暗号の対照表の捜索だ。暗号を作るのが好きだった人間族と仲間だったエルフ。彼は昔を懐かしみ、今は亡き友を想う。友が遺した暗号の手紙をこれから読み解くらしい。どんな内容なのか楽しみだ。是非続編を求む。寿命が長過ぎるというのも考えものだな。常に残されるのも切ないだろうに。その分多くの出会いもあるのだろうが。

 

ステータス

ステータス

セーブポイント エンシャント
プレイ時間 21:33:53
進行度 ★★
アレウス レベル28:フレイムウェポン・ブレイクスラスト・ライジングスラッシュ・剣術・習熟
ダグザ レベル28
セレーネ レベル28
アークソードを宿す者

クエスト実績

討伐 6
護衛 5
救助 3
回収 6
採取 7
収集 16
撃破 6
合計 49

通り名

  • バードハンター
  • 凄腕の剣闘士
  • トレントカッター
  • 伝説のコレクター
  • 凄腕リゲイナー

 

スポンサーリンク