【麻雀格闘倶楽部Sp】麻雀格闘倶楽部Sp

【麻雀格闘倶楽部Sp】麻雀格闘倶楽部Sp

麻雀がやりたい

今年も自分にとっての風物詩がやって来ました。

正月を迎えると麻雀が何故か無性にやりたくなります。そう刷り込まれているんじゃないかと思うぐらい毎年この時期は麻雀がやりたい。

昔はリアルに集まって山も手で積んだりしていましたが最近じゃ集まる事すら難しくなっています。それでもやりたい。この年に一回の麻雀やりたい病の為にマツオカ株式会社の全自動麻雀卓を中古で買おうと思った時期もありました。結局面子が居ない事に気がついて断念しました。

でも今年の自分は違いました。新年明けて早々にある事に気づいたんです。そうじゃん!今って無料のアプリでいくらでも麻雀出来るじゃん!しかもオンライン対戦も余裕じゃん!!と。

 

懐かしの『麻雀格闘倶楽部』をダウンロードしてみた

無料でオンライン対戦が出来る麻雀アプリは何があるかと検索してみたところ、10年以上ぶりに見た『麻雀格闘倶楽部』の文字を見つけました。当時はゲーセンに通ってアーケード版をやっていました。当然弱いからすぐにお金が尽きちゃって足が遠のいちゃったけれど。

懐かしいと思ってさっそく『麻雀格闘倶楽部Sp』をダウンロードしてみました。プレイしてみたら基本的な所は昔ながらの麻雀格闘倶楽部のままだったので、慣れるのも早いだろうとこのまま遊んでみることに。

名前と所属地域を登録したらすぐにオンライン対戦が出来ます。イベントも開催していてオンラインもすぐに人が集まるので今から始めても十分楽しめそうです。

また、日本プロ麻雀連盟公認の本アプリではプチプロという実在するプロ雀士を育成する要素があるのですが、これが育成欲や収集欲という性癖に刺さってちょっと楽しいです。日本プロ麻雀連盟所属以外の雀士も出てくれないかな。

という訳でちょっと本腰を入れて遊んでみる決意をしました。

 

『麻雀格闘倶楽部Sp』で験担ぎのリセマラ

少しだけ色々と触ってみて対戦もやってみた結果、なんとなーくですがリセマラを数回しました。

新規登録すると無料で貰えるプチプロで欲しかった雀士が出なかったのも理由の一つですが、一番の理由はなんだか勝てないダメアカウントの予感がする…!みたいな根拠のない予感があったからです。うまく言えないけどなんだか嫌だ!となったんです。

欲しいプチプロが出る&一番最初の対戦で1位になったアカウントで遊ぶ事にしました。験担ぎみたいなものですが、始めるならやっぱり気持ちよく始めたいなと思ったのです。一応無事に始める事が出来ました。

他の麻雀アプリだとクラウドの関係で再ダウンロードしてもユーザー情報が保存されたままだったりするのですが、幸いにも本アプリではKONAMI IDで引き継ぎしない限りは新規扱いになるのでいつでもリセマラが可能です。なんだったら純粋に麻雀で遊ぶだけならプレイに必要な点棒(MG)が尽きたら再ダウンロードすればまたいくらでも遊べます。年に一回だけ無性にやりたい自分にとってなんて親切なんだろう!!と感謝しました。

 

久しぶりの麻雀は楽しい!!

『麻雀格闘倶楽部』は牌を捨てる時の考える時間が5秒だけととにかく短いので、下手くそな自分にとってはかなり辛いものがあります。でも上手くなりたい気持ちもあって頑張ってやっています。配牌やアガリの偏りが結構酷いと感じる事もありますが意外と修行にはなっている気がします。

何より純粋に久しぶりの麻雀がめちゃめちゃ楽しい!!とにかく楽しい!!

とは言っても下手なのでMGが直ぐに枯渇するけど、短時間で勝敗が決するしちょっとだけ遊びたい気分に丁度良いです。マッチングも早いし演出は派手めだし、プチプロ育成は案の定楽しんでやっています。

ただ、捨て牌等をアシストしてくれる対戦サポート機能を入れているのですが、それに助けられまくりでリアルでは逆に弱くなっている可能性もあるんじゃないかと思い始めている所です。でも機能をオフにする勇気がまだ出ません。

今の所の不満点はスマホ故の画面の小ささでしょうか。情報量に対して画面が小さいしタッチもミスりがちです。確認した所タブレットでは表示も若干違っていて使いやすそうだったのでタブレットがある人はそちらでのプレイをオススメします。というか麻雀アプリはタブレットが最適解な気がします。

年に一回の麻雀やりたい病が治まるまでは楽しもうと思います。

 

スポンサーリンク