【MHW:I】対ミラボレアス装備:脳死パンパンゼミ装備(スラッシュアックス)

【MHW:I】対ミラボレアス装備:脳死パンパンゼミ装備(スラッシュアックス)

装備紹介について

現時点で所持する武器・防具・護石・装飾品を使って、各モンスターに対抗する為に考えた装備を備忘録的に記録しておきます。

絶賛配信中の黒龍ミラボレアス。初日に1勝をもぎ取った後はひたすらイベントクエストを周回しています。イベントクエストでは乙数が3回と通常どおりになっているので特別任務より更に難易度が上がっています。特別任務とイベントクエストの違いは乙数だけとなっています。特別任務は未だに大変みたいですが、イベントクエストの方では失敗と成功が半々ぐらいになって来た印象です。

現在のところ、ミラボレアスの討伐数は8体でようやく1種類の武器とαβシリーズ防具一式を作成する事が出来ました。なんですかこの防具。チートですか。

やはり最高火力の全武器種・オトモ装備等も揃えたいのでひたすら周回をこなさないといけないのですが、頭部完全破壊で確定報酬となる黒龍の邪眼が全然足りない!頭部破壊の意識が共有された今でもなかなか大変なのでここは自分で奪いに行く事にしました。

やはりミラボレアス討伐はスラッシュアックスが要だと思い、対ミラボレアスのテンプレのようなパンパンゼミ装備を用意しました。同じような防具&スキル構成のスラアク装備紹介が巷に溢れているとは思いますが記録しておきます。

 

対ミラボレアス装備紹介

装備一覧

 クリックで拡大

武器 真・黒龍剣斧
護石 挑戦の護石Ⅴ
特殊装具 不動の装衣・改 転身の装衣・改
頭防具 EXドラゴンヘッドβ
 胸防具 EXドラゴンハイドβ
 腕防具 EXエスカドラアムズα
 腰防具 EXドラゴンパインβ
 脚防具 EXドラゴンフットβ

後述のカスタムと、守りの護符・守りの爪を合わせると防御力は1111になります。

武器のカスタムは回復能力付与Ⅱとなっています。

装備スキル一覧

 クリックで拡大

  • 見切り:Lv7
  • 挑戦者:Lv7
  • 精霊の加護:L5
  • 整備:Lv5
  • 気絶耐性:Lv3
  • 攻撃:Lv3
  • 火耐性:Lv3
  • 超会心:Lv3
  • 弱点特効:Lv3
  • 強化持続:Lv3
  • 破壊王:Lv3
  • 集中:Lv2
  • 回避性能:Lv2
  • 体力回復量UP:Lv1
  • (体力回復量UP:Lv2)
  • シリーズスキル:【黒竜の伝説】継承
  • シリーズスキル:【黒竜の伝説】超越

 

装飾品一覧

 クリックで拡大

  • 重撃・加護珠【4】×3
  • 超心・整備珠【4】×3
  • 痛撃・加護珠【4】×2
  • 短縮・整備珠【4】×2
  • 挑戦者Ⅱ【4】×1
  • 達人珠Ⅱ【4】×2
  • 耐火珠Ⅲ【4】×1
  • 達人珠【1】×1
  • 治癒珠【1】×1
  • (治癒珠【1】×4)

 

本装備のポイント

脳死パンパンゼミが大正義

盛り込みたいスキルを詰め込んだがこうなりました。欲しいスキルが全部盛り込めるのがEXドラゴン装備の素晴らしいところ。正直今までの装備は何だったんだ…と思うぐらいです。

ネコ飯はネコのド根性&属性耐性UP【大】をセレクト。破壊王を着けてゲージを溜めて頭に張り付いて脳死パンパンゼミが基本戦術となります。整備スキルで不動と転身を使いまわしつつダメージを与え、被弾は秘薬と攻撃しながら回復カスタムと体力回復量UPでまかないます。フィニッシュまでパンパンした後に炎から逃げても良いですし、途中でキャンセルして回避に転じやすくするという判断もその都度しています。

属性解放はダメージ量は十分なのですが頭部破壊の蓄積値自体はそこまで多くないので、頭が地上近くにある時や炎ロングブレスの大チャンスはパンパンでは無く斧モードでがっつりいく方が良いのかな?と試行錯誤しています。

しかも頭部が実は比較的安全地帯だったりするので、双剣でプレイしている時よりも被弾は少なかったりします。ただその分ぶっとばししなきゃ…という変なプレッシャーも感じます。いずれにせよパンパンゼミは大正義でした。

参加メンバーによっては武器を替える

自分のように脳死パンパンゼミがだいぶ増殖しているようです。参加メンバーの武器を見てからサポートに回ったり出来るように広域化装備なんかも用意しました。EXドラゴン装備に最低でも広域化・早食い・キノコ大好きなど着ければどうとでもなるのが凄いです。このように臨機応変に装備を替えています。

 

初日は全然倒せなくてブーブー言っていたのですがようやく周回が楽しくなってきました。とか言いつつ起き攻めとか厭らしい集中攻撃にイラッとする事も多いですが達成感はひとしお。ワールド時代からの集大成を心ゆくまで堪能したいと思います。

 

スポンサーリンク