【マイクラ】Minecraftプレイログ#003:おいでよ マイクラの沼6日目~9日目

【マイクラ】Minecraftプレイログ#003:おいでよ マイクラの沼6日目~9日目

6日目

しばらく本拠地をどこにするか悩んだが、やっぱりメサを眺められる場所を拠点にしようと思う。メサも上手く繋げて土地開発に取り込めるといいな。

拠点を移設するにあたり、地図・紙・製図台・各ツール・ベッド・食料・作業台・かまど・チェスト・石炭・鉄の延べ棒・土ブロック・丸石・各苗木・各木材・梯子用の竹等を用意。2回程往復してこれらの荷物を持ち込んで拠点予定地へ。途中に広い砂漠があるお蔭で移動が多少は楽だ。

まずは何よりも先に予定地の除草&湧き潰しを実施。家を設置するつもりのちょっとした高台の真下がかなりの深い洞窟っぽいのが気がかりだが、主要な動物がスポーンしまくってくれる良い土地だ。メサの坑道探索もしたいが地下洞窟の探索もしなければ。

 

マイクラをやり始めて初めての整地をする。もう後には戻れないぞと思うとちょっと緊張しつつ、これぞマイクラと感じ入る。
自宅予定地の高台をY=90からY=74まで整地する。洞窟の真上だけあって土があったのは表だけであとはほぼ丸石だった。チェスト大の丸々2個分が丸石で埋まってビビる。トロフィーもあって更にビビる。

あっという間に持って来た鉄の延べ棒が無くなり、戻るのも面倒なので石のツルハシで整地をやり終える。その後Y=75を全て土に入れ替えて緑化を図る。

 

いよいよ建築になっていく訳だが、いざ建築の前に建築素材の見本市を作成する。色々なテクスチャで遊びたいとなるとこの見本でテクスチャの違いが確認出来るし、純粋にテクスチャの違いをひと目で味わえるのが楽しい。石の質感等は都会テクスチャだけど木材の模様やドア系の使い易さはやっぱりオリジナルテクスチャが好きだなあ。

そして何かやる前に拠点にしていた村から全てのアイテムを引き上げた方が良いという結論に達した。かなり大変な作業だけどいつかはやらなきゃいけないし頑張るか。

 

7日目~8日目

リアルタイムで往復20分掛かる距離を3往復してアイテムを新拠点地まで移動させる。なにせレベル3の地図4枚分の移動なので仕方がない。単純作業が好きな自分でも辛い作業だ。

馬に乗る事を覚えたのだが海を一緒に渡るのは面倒だし川ですら毎回大変なのでどうかなと思ったのだが、初めて飼った馬は足も早いし体力オバケで4分近くも時間短縮になった。馬って凄い!まぁ、一度でも水にハマったら超絶面倒で嫌になるが。

 

途中で移動に飽きて新拠点地の近隣の村巡りをした。マイクラの村人のシステムがいまいち分かっていない。村人と取引をした方が良いのか、モンスターの湧き潰しなど手を加えてあげた方が良いのか。しかもそこそこに村があるのでどうしようか迷う。更には自分の拠点に村人を連れて来る事も可能なのだとか。何をどうするのが正解なのかさっぱりだ。

 

9日目

3日間かけて拠点としていた村から全てのアイテムを引き上げた。6日目の移動分を含めると最終的に17往復も掛かった。村の自室としていた家には初期リスポーンからの休憩所としてベッド・作業台・近隣地図だけ置いて来た。ついでに初期リスポーン位置には新拠点までの地図4枚・ベッド・食料をチェストに入れて置いて来た。面倒な作業だったけどこれで新拠点で気持ち良く生活が出来る。

 

アイテムの移動は尊い犠牲あってのものだった。移動途中でちょっとルートを変えただけで突然現れた水たまりに馬が落ちてしまい溺死してしまった。助けようとしたがパニクっちゃって間に合わず結局死ぬのを見るしか無くて泣いた。気に入っていた馬だけに凄く悲しい。名前を付けていたらゲームをしなくなるレベルで喪失感がヤバかったんじゃないかと思うぐらい悲しい。

悲しみに暮れながらも直ぐ近くに居た馬を手懐けたがまた悪くない馬でちょっと救われた。ちゃんと足元見て大事に乗るから!!ごめんなさい!!

 

トロフィー

  • 丸石てんこ盛り

 

スポンサーリンク