【P5R】ペルソナ5 ザ・ロイヤル周回プレイログ#005:2周目

【P5R】ペルソナ5 ザ・ロイヤル周回プレイログ#005:2周目

???・パレス

バッドエンディング1

???・パレスのダンジョンBGMが一番好きかもしれない。ピアノがメインの曲が大好きだ。

1月の時点でのバッドエンドを観る。スタッフロールも専用のものになっているし、それが本当では無いというアピールもしてある。バッドエンドなんだけど皆が本当に幸せそうで、主人公が時々アンニュイになる以外は本当に幸せそのものだった。いつか彼が言っていた「本当に辛い時は逃げればいい」というのには同感だったから、だから正直このエンディングで良いんじゃないかって思った。アイツはいるし、制服姿の双葉めっちゃ可愛かったし!!

 

でもそうもいかないのでロードし直してストーリーを進める。

ペルソナの真・覚醒イベントは竜司の言葉が一番胸に響いた。良い言葉だったし、竜司の強さが全部凝縮された一言だった。思えば竜司とはゲームの最初から一緒で全部を乗り越えて来たんだよなあ。感慨深い。

 

愛多き怪盗紳士

合間に芳澤と恋人に。これで全員と恋人になったぞー!!芳澤の照れ顔めちゃめちゃ可愛いのにスクショ取れないのが残念でならない!眼鏡女子好きにはたまらない。眼鏡カップルというのもシチュエーション的に良いな。壁ドンならぬカウンタードン?は新しかったし可愛らしいシーンだった。恋人になった時にアワード取得にならなかったから焦ったが、コープランクMAXの時に取得出来た。やったぜ!

しかも1周目では何故かスルーしてしまっていたらしく、発生していなかった主人公と芳澤のSHOW TIMEが解禁された。1回しか観ていないがこれまたなかなかぶっ飛んだ内容で笑った。それにしても全コープランクMAXが並ぶと壮観だなあ。嬉しいなあ。

 

期限切れムービー

期限切れムービーを観る。自分の人生を他人に託すという結果がどうなるのかを見せつけられる。かつてメメントスの牢獄に囚われていた愚民と一緒という皮肉になっているのかな。今までで一番バッドエンドらしい内容だった。

 

芳澤のペルソナが真・覚醒。1周目では芳澤からの最後の誘いをスルーしてしまっていたので初めてエラを見た。可愛らしいペルソナだった。というか芳澤もアイツも真・覚醒がこのタイミングとか、加入時期含めてあまりにも遅過ぎる。ラスボスでしか真・覚醒のペルソナを使えないのが本当に勿体無い。

 

バッドエンディング2

2月に再びにして最後の選択をする。この時はより真実を突きつけられて選ぶ訳だが、彼と戦わない事を選ぶと1月と同じエンディングを迎える。このエンディングは2度目な訳だが、何度観てもこのバッドエンドもグッドエンドだと思う。というかあの状況で悩まない方がおかしい。アイツの為を思って決断するのではなく、あのイケメンハイスペック万能トリックスターな主人公が望んだ現実なんだから、いくら裏切りと言われようが主人公自身がどうしたいか、なのではないだろうか。

戦わない事を選ぶとアイツとは再び敵対状態&好敵手関係に戻る訳だが、2月の会話の流れから1月と同じエンディングはかなり違和感がある。笑顔で当たり前みたいにアイツが皆の輪の中にいるのはさすがに筋が通らない気がするから、そこは居ないバージョンだったら良かった。あくまでアイツは主人公とだけ関わり合いがある方が関係性の妥当性というか、らしい気がする。

 

グッドエンディング

仲間と現実に帰る為、ロードし直してラスボスを倒してエンディングを迎える。1周目もそうだったが2周目でも色々思う事は多い。だがこれだけははっきり言ってしまおう、何度見ても彼の反逆のコスチュームはダサい!反してラストバトルのSHOTは本当に恰好良いからたまらない。

彼のしつこさは1周目の時からうんざりしたものだが、前を向く為にとことん負けきろうとするのは彼の強さなのかもしれない。ペルソナシリーズの根幹である大人対少年少女という構図が最後まで貫かれていて良かった。

それにしてもリーダー奪還作戦を約10日でやりきるとか皆凄過ぎない?

 

バレンタインデー&ホワイトデー

楽しい楽しい恋人イベント、バレンタインデー。チャットに返信せずに誰とも過ごさない選択をしてみた。10股掛けておいて野郎と過ごすバレンタインデー。1周目もそうだったなと懐かしい気持ちになる。これで良かったのかとちょっと思う。そして翌日は大・大・大修羅場!普段温厚な春がキレると一番ヤベぇヤツになるのがちょっと怖かったけどめっちゃ笑った。チョコチョコチョコチョコ言い過ぎだよ!!10人を個別に説得してくれるなんて惣治郎マジ感謝。惣治郎マジイケおじ。

 

ホワイトデーは1周目は惣治郎に感謝をする日だったが2周目では川上と過ごす。高校生同士じゃ背伸びをしたデートでも、年上の恋人相手なら違和感が無い。

ホワイトデーの直前セーブデータもあるから川上以外の恋人も後で見る事が出来る。修学旅行・後夜祭・クリスマスイブ・ホワイトデーと、4つの恋愛イベントのセーブデータが揃った。セーブデータもペルソナ全書みたいにロックを掛けられたら良いのに。バレンタインデーのデータを残せなかったのが悔やまれる。

3周目以降はアイテム回収の為にも特定の人と恋人にならないとな。膨大な周回量が必要だと思うと出来る気が…しない事もないのが本作の凄い所だ。

 

2周目クリア

最後の挨拶回りは恋人になっていると若干台詞が変わるのかな?恋人になっても芳澤はあっさり軽い感じで終わってしまうからしょんぼり。明星リリナの新曲CDは周回持ち越しは無いようだ。3学期のバッドエンドを観た後だと、バッドエンドとはまた別のそれぞれの未来も明るいものなんだと温かい気持ちになる。副島成記氏のモノクロイラストが好き過ぎなんだがP5Rの画集は無いのか!?

というわけでこれにて2周目クリア!2周目なのに余裕で100時間を遊び、総プレイタイムは266時間越え。P5R恐ろしい子…!

3周目へ

P5Rの世界観から抜け出せないのでこのまま3周目へ進みたいと思う。

3周目では無印のグッドエンディングを観てマイパレスのコンプリートを果たそうと思う。アワードもスポーツジムだけ残っているので、コープ活動は程々に各メンバーのステータスアップを図っていきたい。

バッティングセンターの区間賞&ホームラン制覇など、細かいアクセサリー回収なども残ったままなのでちまちまやっていこうと思う。

 

スポンサーリンク