【FF7R】FINAL FANTASY VII REMAKEプレイログ#010:1周目NORMAL

【FF7R】FINAL FANTASY VII REMAKEプレイログ#010:1周目NORMAL

CHAPTER 17:混沌からの脱出

脱出方法を探る~仲間との合流

エアリスとレッドXIIIと合流。壁に描かれた絵が凄く可愛いらしい。

見た目モフモフ、性格も可愛いレッドに会えて嬉しい。残念ながらゲストキャラなので操作は出来ないが、続編に期待が出来る。しかもこの時はまだ大人に見えるように振る舞っていた頃だっけ?早くデレて欲しいところだ

宝条の実験に付き合わされてここから先は戦闘に次ぐ戦闘でしんどい思いをしながら進む。クラウドチームとティファチームで交互に操作するのだが、やりやすい敵とそうじゃない敵がいるから四苦八苦する。エアリスじゃないけどマジで宝条きらーい。

ブレインポッドはストップといった状態異常も面倒だし、もぐら叩きのようにポッド内に引っ込んでしまうのでせっかくのATB技をスカしたりして辛い。狭い場所の強化戦闘員との戦いも酷い有様で、一度はレッドを助ける前にこっちがやられて肩を落としたりもした。あんな狭い場所でトルネードスピンは理不尽なのでは。

 

ボス:ソードダンス

前半はクラウド・ベレットチームで戦う。空中をずっと飛んでいるのでバレットを操作して頭をひたすら撃つ。意外と前半はあっさりと突破。

後半はティファ・エアリスチームで戦う。狭い円状のフィールドで戦うので攻撃を避けながらティファとエアリスを使い分けながら戦う。ところがティファを操作していると大量に降ってくるエネルギースフィアにエアリスが毎回死んでしまう。レイズをするもまたエネルギースフィアでいつの間にか死んでしまうというパターンにハマってしまって大変だった。最後はシャインスパーク後の倒れ込みに合わせてティファのリミット技のドルフィンブロウでフィニッシュ。

 

血の跡~対峙

プレジデント神羅を追い込んでからの怒涛の展開に驚きつつ、頭の理解がなかなか追いつかない。ここからは怒涛のボス戦ラッシュ。合間合間にセフィロスもしっかり顔出ししてくれるサービス付きだ。

 

ボス:ジェノバBeat

バレットが抜けてエアリスが加入するという事を一切考えておらず、エアリスのマテリアを未装着のままやる羽目に。

ジェノバBeatの攻撃は各種魔法やビーム、絶叫はといった魔法系が多い。両腕が柔らかく破壊可能でそれから本体を攻撃するという行動を繰り返す。第二形態以降は腕に加えて大量の触手を出して来る。これまた柔らかいのでラピッドチェインで無双して気持ち良くなって本体に攻撃した所をリフレク発動をされて即死しまくった。

何度も何度も触手を壊しては本体に攻撃をする事を地道に繰り返してギリギリ勝利。時間は掛かるし大変だった。

 

ボス:ルーファウス&ダークネイション

クラウド一人で挑む事になる。お供のダークネイションがルーファウスを回復してしまうので、まずはダークネイションから倒す。バーストは取りやすいのでルーファウスの攻撃を喰らいながらも何とか先に倒す。

その後ようやく一対一になるのだが、ルーファウスの攻撃はほとんどダウンを取られ、接近すれば攻撃をカウンターされてしまうので攻撃がままならない。幸い小細工はしてこないのでバイオラを掛けて逃げ回りながら、ルーファウスのリロード中の隙にバーストスラッシュだけ撃つというクソ雑魚戦法を取った。勝てたから良いのだ!

 

ボス:ハンドレッドガンナー

バレット&エアリスとレッドで挑む。

見た目通り機械なので、エアリスにサンダガを撃ってもらいつつ、操作はバレットで壁の後ろからちまちま撃つだけの簡単なお仕事だった。

しかし最終形態で拡散波動砲という即死技を撃ってくるようになるので、2発目の拡散波動砲が撃たれる前に全力で総攻撃を仕掛けて倒しきらないといけない。エアリスの聖なる魔法陣でのサンダガ、バレットのアンガーマックスで祈りながら攻撃して何とか勝利。

 

全ての戦いに全て満身創痍で勝利。多少キャラが育ったとはいえやはりボス戦連戦は辛い。せめてオートセーブや直前からやり直しじゃなくて一戦毎に任意でセーブさせて欲しかった。

唯一の救いはヒーローを助ける男前ヒロインの姿を観られた事か。「だらしないぞ ヒーローなのに」の台詞にはこっちの胸が撃ち抜かれた。言い方可愛い。このシーンめっちゃ好きだ。今回に限らず本作では落下シーンとクラウドのこんなシーンをいっぱい観たな。

また、このタイミングで無事に武器アビリティマスターのトロフィーを獲得出来た。

 

神羅によってもたらされた明暗を分ける風景。七番街を思うと申し訳ないが綺麗だと思ってしまう。

神羅ビルからバイクとピックアップトラックを拝借して脱走を図る。ドアそう開くんだ!?となった。この車は可愛いからFF7INの頃から気に入っている。エントランスフロアでのバイク戦闘シーンはめちゃめちゃ恰好良い。

進むに連れてバレットがレッドと打ち解けていくのが微笑ましい。クラウドもそうだが、バレットの押しの強さとアホさと温かさについ素を出してしまうんだろうな。さすが分派とはいえアバランチのリーダーだ。バレットは否定していたがレッドは笑顔をどんどん振りまくべきだと思うぞ。

結局フィーラーが何なのか理解出来ていない。運命の番人みたいな事言うけど、フィーラー自身に妙に意志を感じるからそれだけじゃ納得出来ないんだが。モヤモヤして気持ちが悪い。

 

ステータス

プレイ時間 047:00:39
パーティ クラウド:LV37
バレット:LV37
ティファ:LV37
エアリス:Lv36
武器アビリティマスター
混沌からの脱出

 

CHAPTER 18:運命の特異点

疾走

最終章に突入。しかもここから撮影禁止区域にも突入。聞いてない!またトロフィーのスクリーンショットに穴が出来てしまってしょんぼり。

ミッドガル・ハイウェイを第4章のようにバイクゲームで進む。第16章で良いな、これ乗りたいなと思っていたバイクに本当に乗れて喜ぶ。HARDY-DAYTONA恰好良い。フェンリルっぽさがある。

第4章とは比べ物にならないぐらい敵の攻撃がエグい。特にヘリからの砲撃が避けられずダメージを喰らいまくってしまう。最後の敵であるモーターボールの対処の仕方が分かった頃には既にHPバーが1cmを切っていた。やり直すにはあまりにダルかったのでブレーキを駆使しまくり超安全運転でギリギリ勝利。最終的に3mmぐらいしか残ってなかった。

特異点

ずっと気になっている「特異点」という言葉。これを敢えて使い、フィーラーというFF7INには居なかった存在を打ち出す。これが意味するは一体何のか。本音を言うとあまり考えたくないと思う。

壁を越えて最終決戦へと赴く。メインテーマが流れるのが良い。

 

ボス:フィーラー=プラエコ&フィーラー=ロッソ、フィーラー=ヴェルデ、フィーラー=ジャッロ&フィーラー=バハムート

ロッソ、ヴェルデ、ジャッロと戦いながら、巨大なフィーラーのプラエコにダメージを与えていく。たまにクラウド達が誰と闘い、誰を失うのか、未来の運命が提示される。

ロッソは剣戟、ヴェルデは体術や魔法攻撃、ジャッロは銃撃と、クラウド・ティファ・バレットと対となっておりそれぞれを攻撃して来る。この3体を何度も何度も倒していく事になる。更には三位一体のフィーラー=バハムートまで登場するので、こまめにメンバーの体力を確認して回復をしながら焦らず戦う。起き攻め攻撃の連続がエグい。なりふり構わず手当り次第に攻撃をし、バーストをした順のロッソ、ヴェルデ、ジャッロの順に倒していく。

3体を完全に倒しきり、エアリスのジャッジメントレイでプラエコに最後の一撃を撃って勝利。

 

そして御大登場。相変わらずかっけーなあオイ!というかこんな段階で御大出てきちゃ駄目なんじゃないのか?とか心配になってしまうぐらいのラスボス感。いや、実際本作においてのラスボスなんだから当たり前なのだがそれで良いのか。まだミッドガルだぞ。

 

ボス:セフィロス

まずはクラウド一人で戦う。普通に殴りに行くと全部いなされてしまうのでガードカウンターを狙う。ガードしてもダメージは痛いし一生懸命バーストスラッシュでバーストを取りに行く。攻撃を喰らいまくるのでどんどん貯まるリミットゲージ。リミット技でやっと第二形態へ移行。

ここでティファが参戦。2人になりやっと少し楽になると喜んだものの、第二形態以降に使うようになる獄門がめちゃめちゃ痛い。そして上手く避ける事が出来ずに毎回喰らう。

第三形態になり片翼の天使になったセフィロス。BGMもセフィロス連呼が始まった。正にクライマックス。ここでエアリスが参戦し、セフィロスも魔法体制に入る。エアリスにひたすらケアルガしてもらいながらガードカウンターでどうにか凌ぐ。八刀一閃を頻繁に受けてしまうのでレイズも何度となく掛けてもらった。

最終形態は運命の宣告でカウントダウン、喰らわなかったけど喰らったらヤバそうな心無い天使等をしてくる。ただHPはもうわずかで削るだけなので取っておいた召喚獣を召喚して無事に倒した。

倒せたー!嬉しー!!これ続編で真のラスボス化したセフィロスを倒せるんだろうか。

 

クラウド

武器:バスターソード 防具:チェインバングル アクセサリ:チャンピオンベルト 召喚獣:リヴァイアサン
HPきゅうしゅう かいひぎり アイテムたつじん ガードきょうか
ぞくせい ほのお せんせいこうげき HPアップ

バレット

武器:ラージマウス 防具:マキナバングル アクセサリ:チャンピオンベルト 召喚獣:イフリート
れいき どく かいふく チャクラ いのり
たいせい ふうじる そせい

ティファ

武器:メタルナックル 防具:ゴシックバングル アクセサリ:フルパワーリスト 召喚獣:デブチョコボ
APアップ そせい HPアップ HPアップ いのり
たいせい しょうめつ かいふく

エアリス

武器:フルメタルロッド 防具:ルーンの指輪 アクセサリ:ヒールチョーカー 召喚獣:シヴァ
はんいか かいふく そせい れいき かぜ いかずち
ぞくせい MPアップ マジカル

 

最後は皆で協力して倒すという流れ。演出ド派手で楽しい。それにしてもいちいちセフィロスは距離が近い。ソーシャル・ディスタンス気をつけろよ!

しかし時間軸が違うだろうとは思うが、まさか彼のムービーを観られるとは。本作には名前だけの登場なんじゃないかと思っていたよ。というかなんか色々と生存ルートが確立してない?えー!どういう事だああああ!!この彼も何だか生きていそうな流れだし、死んだと思っていた皆の兄貴も生きている。えぇー!?第13章で流した涙を返せー!!もうどうなってんの。運命の番人どうなってんの。仕事してないって事じゃないか。

御大は運命に抗おうとしているし、エアリスもいちいち運命は変えられると繰り返すし、運命の分かれ道とか結構ストーリーを変えてきてるのが気になる。気になるというか何故そうしたんだろうという純粋な疑問でいっぱいになった。全部エアリス生存のフラグの為だったりするのだろうか?ミッドガルから出ただけの最序盤だからこの先続編でどうなるのか分からない訳だが、自分がリメイクで求めていた事は何だったのかをちょっと考えさせられた。うーん。

エンディングのシーンは凄く好きだ。エンディング曲が特に好き。エンドテーマソング「Hollow」は植松伸夫氏の作曲で、やっぱりこの方の作る音楽が好きなんだと改めて思った。

これにて1周目クリア。

 

The Unknown Journey Will Continue

 

ステータス

プレイ時間 048:45:47
パーティ クラウド:LV38
バレット:LV38
ティファ:LV38
エアリス:Lv37
運命の断裂

PLAY LOGは武器アビリティとミュージックディスク以外はスカスカの状態。みやぶるをもっと雑魚相手にも使うべきだったと後悔した。2周目ではドレスと決意イベント以外は埋めきりたいと思う。

 

スポンサーリンク