【ELDEN RING SHADOW OF THE ERDTREE】エルデンリングDLCプレイログ#001

目次

神人眠りの繭

App Ver:1.12
Regulation Ver.1.12.1

久々にELDEN RINGを起動するとインベントリ機能の追加のお知らせが入った。新たに入手したアイテムが分かりやすくなったりしていてとても嬉しい。アイテム数が多いから毎回苦労していたんだ。
他にも髪型の追加やサイン溜まりにも機能が追加されたようだ。

DLCの世界へ行くには以下の2体のボス討伐が必須条件だが、この条件は2年前の自分がクリアしていた。

  • 星砕きのラダーン
  • 血の君主、モーグ

血の君主、モーグのボスエリアに行く。
そこには以前は居なかった針の騎士、レダが立っていた。レダが今回のナビゲーション役なのだろうか。素顔が見たい。
もうメリナは本当にネタだけの人になってしまったメリね。悲しいなあ。

墓地平原

墓地平原

繭から出ているミケラの枯れた腕に触れると新天地、影の地へと辿り着いた。
アクション操作やトレントの乗り方降り方等色々とすっかり忘れてしまっていたので調べながらプレイする。

墓地平原にはPVで見た燃えた巨人が遠くに見える。
恐る恐る進むも最初の祝福付近にいるチャクラムを持つ獣人らしき者にフルボッコにされる。敵の戦闘スピードとプレイヤーの戦闘スピードに大きな隔たりがある。あれ、これ前に心折れた時にも感じた感想だ。こちらの攻撃で敵が回避行動をする優秀なAIも健在だ。
早くも心が折れそう。

負けそうな心を鼓舞しながら何よりもまずは地図断片を回収する。入手した断片では全域が解放されなかったのでDLCの世界は結構広そうだ。

地図の東側を探索していると突然裸体のヤバそうな敵にメッタ斬りにされた。
敵対NPCである獣の爪、ロガにやられまくる。あまりの素早さに攻撃を差し込む隙が無い。
ロガの強靭が無いのを良い事に無理やりゴリ押しし、4回目の挑戦ででようやく倒す。裸体にはやはり出血か。神秘キャラにしておいて良かった。
獣の爪を入手。獣の爪の戦技が恰好良い。強そうじゃないけど。

慰めの教会

ロガの居た場所から建物がある方へ北上してみる。
道中には多くの騎士が座り込んでいる。ロックオンが出来るから敵なのかもしれないが襲われないのでそのまま放置して進む。

慰めの教会に到着。
大盾に大槌を持つ黒騎士が居たので倒す。黒鉄の大槌を入手。

黒騎士が守っていたのはDLC専用アイテムである影樹の破片。これを集めれば影の地限定で影樹の加護という、プレイヤーの攻撃力とカット率を高める自己強化を付与出来るらしい。
つまりはこの破片を集めない限りDLCの難易度は本編以上に高いという事になるのではないか。実際に敵のひと撫でで生命50のHPが半分消し飛ぶし、攻撃しても敵のHPは全然減らない。
DLCめちゃめちゃ難しいんじゃね??と気付いてからはクリア出来ないのではないかという不安でいっぱいになって震える。

火に焼かれた廃墟

街道に沿って進むと火に焼かれた廃墟に到着。
大した廃墟では無さそうだが遺灰を召喚出来る。もしかして何か凄い敵が出て来たりするのだろうか。

宝箱を発見。まずは攻撃して安全かを確か、その後は宝箱を空けてダッシュで逃げて安全かを確かめた。しっかり過去の教訓が生きている。タリスマン「介錯の刃」を入手。

宝箱があった場所の横にある塔にはトレントのジャンプで渡れるっぽいのだがどうしても出来なかった。なんなら落下死した。塔の上に貴重なアイテムがあったりしそうでとても気になる。

大壺師の製法書【1】も入手。各種ヒビ壺系アイテムもDLC用に強化版が登場した。

火に焼かれた廃墟から慰めの教会方面に進んだ所にある崖でDLC専用アイテムである霊灰を入手。影樹の破片の霊体&霊馬版だ。これはマルチにも反映されるのだろうか。

西の無名霊廟

街道から西に逸れた所にポツンとあった小さな霊廟に入る。さっそくボス霧があった。DLC初のボス戦に挑む。

ボス:孤牢の騎士

遺灰を使おうとして使えない事に狼狽する。火に焼かれた廃墟では使えるのに肝心のボス戦で使えないとか酷い!

開幕に連射クロスボウを撃って来る。当たるとかなりの大ダメージで連続して被弾すると死あるのみ。ただその後は大きな隙が出来るので攻撃チャンスになる。

連射クロスボウ以外は大剣での攻撃がメイン。戦技は「弧月斬り」という嵐を纏った一文字斬りと、そこから派生する回転斬りが最強技となっている。これが本当に痛い。弧月斬り時に距離を詰めすぎていると必ず回転斬りをして来るのと、孤牢の騎士の足元に妙な怯み判定があった気がしたので弧月斬りからは素直に逃げるようにした。

人型なので戦技の巨人狩りでハメられるかと姑息な方法を取っていたら、ジャンプ斬り連発にあっさりやられてしまった。孤牢の騎士のジャンプ斬りの使い方は生身の人間が入っているんじゃないかと疑いたくなる程上手い。
加えて強靭が高いので神秘の細腕では態勢を崩す事が出来ず、こちらの攻撃中に平気で殴られてやられる事が多々あった。

メッセージの助言と、意外とブンブン丸だった事からパリィ戦法に切り替える。
切り替えたからと言ってすぐには勝てない。ディレイもしっかりかけてくるしジャンプ攻撃も差し込んでくる。戦技の出も早くてパリィ待ちしてるとそのまま逝く事も。

33回目の挑戦で勝利。我ながら異常過ぎるそのリトライ回数に泣く。普通の人が5回程度でクリアする所を30回以上って。大人しく巨人狩りハメしていた方が早く終わったかもしれない。
孤牢の大剣&孤牢シリーズ防具を入手。

三叉路の十字~正面前の十字

街道に沿って北へ進むとレダの言う同志達が集う祝福を発見。
そこにはミケラが残した肉体から放たれる十字が浮かんでいる。各地にあるこの十字を見付けながらミケラの後を追うのがDLCの物語となる。ようやく始まった感が出て来たぞ。

出会った同士は赤獅子、フレイヤ角人の2人。
フレイヤは赤獅子と冠が付くだけあってかつてはラダーンと共闘した事があるらしい。だがそんな事はどうでも良い。フレイヤちゃん太もも出てるの愛しい。
角人からマリカは相当恨まれているらしく、ミケラは自身の目的以外にもマリカの贖罪もしている感じっぽい。未だにエルデンリングの物語を理解していないんだがマリカはどうも好きになれないなあ。

ここで初めて影樹の加護と霊灰の加護をやってみた。少しは戦闘が楽になるだろうか。

角人から貰った十字の地図を頼りに進む。まずは西の城壁の中へ入る。
すぐに十字と祝福があり、ここにも同志達が居た。商人であるムーア老兵アンスバッハの2人が居た。ムーア良いヤツだなあ。
ムーアからは文書「霊気流の封印について」を購入した。

アンスバッハによると十字は全部で6つあるらしい。だがまずは目の前の城の攻略を目指そう。

ステータス

プレイ時間359:50:12
レベル:142生50/精20/持25/筋17/技20/知10/信16/神秘62
加護影樹の加護(2)/霊灰の加護(1)
死亡回数(総死亡回数)39(0)
スポンサーリンク
Thank you for reading 😘
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次